喫煙を止めて男性育毛剤を使用すればOK

煙草を吸う方には、薄毛になる可能性が高く成ると聞いたら驚く方はどの様な反応をするでしょうか。
恐らく毎日風呂に入り洗髪をしているのだから、頭皮や髪の毛に付いた汚れや煙草と薄毛は関係ないのではないかと言う反応が一般的でしょう。
しかし煙草が毛髪に関係している事は科学的に説明の付く事なのです。
参考URL:http://ikumouzai-dansei.com/entry2.html
どういう事かというと、煙草にはニコチンという物質が入っており、煙草を吸うと煙草に含まれるニコチン物質が体内に取り込まれると血行の遅延を招く性質があります。
そうなれば当然ながら毛髪をコントロールしている部位の血流が滞りがちになる為に髪の毛を生やす為の機能が低下してしまい、結果として頭皮等に十分な栄養を届ける事が困難になり、薄毛の原因の一つになると考えられているのです。
更に煙草はLDLコレステロール(悪玉コレステロール)を増加させますが、人間の体内にはそれを減らそうとする働きが起きて、タウリンという物質が出来ます。
すると必要なアミノ酸の一種であるメチオニンという髪の毛を生やす為には無くてはならない物質が、LDLコレステロール対策で使われ枯渇してしまいがちになり、本来使われるべき所へ回ってこなく成りがちになるのです。
更に付け加えるのであれば、喫煙の結果活性酸素が増加するので、頭皮の状態に大きな変化を生じさせるようになります。